ホーム > eラーニング 教材一覧 > Oracle WebLogic Server 11g: 管理 [オンデマンド]

Oracle WebLogic Server 11g: 管理 [オンデマンド]

教材基本情報

教材タイトルOracle WebLogic Server 11g: 管理 [オンデマンド]
商品コードRAX0084R 備考Oracleトレーニング・オンデマンド
標準学習時間---価格(税抜) 357,000円(税抜)
提供元日本オラクル
提供形態/
付帯教材種別
 ASP メンタリング オンラインテキスト 
 

ワンポイントアドバイス

サンプルビデオはこちら(日本オラクル株式会社)をご覧ください。
※各コースの「プレビュー」をクリックして再生してください。

●同じ内容の集合研修をご希望の方はこちら(RAC0075R)をご参照ください。

対象者情報

対象者
・Java 開発者
・テクニカル・コンサルタント
・テクニカル管理者
・アプリケーション開発者
・サポート・エンジニア
・J2EE 開発者
前提条件
    □Java EEの基礎知識(サーブレットやJSPなど)
    □Linuxの基本コマンドおよびデスクトップのナビゲーション
    □クライアント/サーバの概念における TCP/IPネットワークに関する基本的な知識

    □利用環境条件
    ・このコンテンツを利用するためにはPC、インターネット環境が必要です。
    ・VoD視聴に関しては、スマートフォンにも対応しています。
    ・ご購入の前にお客様のシステムが、演習環境のシステム要件を満たしていることを
    http://ouconnect.oracle.com にアクセスしてご確認ください。

    ■推奨動作環境
    ・1024x768 以上の画面の解像度
    • ブラウザ:Internet Explorer 8 & 9、Firefox 11 以上、Safari 5 & 6、Google Chrome 19 以上
    •Flash Player 10 (モバイル機器を除く)
    •JavaScript および Cookie が有効になっている
    •O/S:Microsoft Windows XP SP3、Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7、Macintosh OSX

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Web管理者がOracle WebLogic Server 11gのインストールおよび設定する方法について説明します。
Web管理者が管理コンソールやコマンドライン、およびスクリプトツール(WLST)などを使用して、Java EEアプリケーションをOracle WebLogic Server 11gにデプロイする方法についても説明します。
その他に、Oracle WebLogic Server のWebインタフェースとしてOracle HTTP Serverを設定する方法を解説し、またOracle WebLogic Serverクラスタを設定してアプリケーションのフェイルオーバーとロードバランシングをサポートする方法を学習します。また、WebLogic Server管理者の管理タスクの概要について説明します。
学習目標
● ドメイン、サーバ、マシンなどのWebLogic Serverのアーキテクチャに関する説明
● WebLogic Server のインストール、コンフィグレーションおよび使用
● Oracle WebLogic Server の通常管理機能の実行
● 開発およびプロダクション ライフサイクル全体でのサーバまたはクラスタへの大規模な Java EE アプリケーションのデプロイと様々なタイプのJava EE アプリケーションの Oracle WebLogic Server へのデプロイ
● GUI および自動化スクリプトなどのコマンドライン ツールを使用したアプリケーションサーバのモニタ
● 基本的なリソースおよびアプリケーションのセキュリティのコンフィグレーション
● Oracle WebLogic Serverのインスタンスおよびクラスタに対する WebTier フロントエンドとしての、Oracle HTTP Server のコンサーバ クラスタの設定およびクラスタへのアプリケーションとリソースの配布
● バックアップと様々な障害からの回復
学習内容
【Day 1】

1. はじめに
 - 演習環境の説明

2. Oracle Fusion Middlewareプラットフォームについて
 - Oracle Fusion Middlewareプラットフォームについて
 - 演習1

3. Java Enterprise Edition の用語およびアーキテクチャの定義
 - Java Enterprise Edition の用語およびアーキテクチャの定義-1
 - Java Enterprise Edition の用語およびアーキテクチャの定義-2

4. Oracle WebLogic Server 11gのインストール
 - Oracle WebLogic Server 11gのインストール-1
 - Oracle WebLogic Server 11gのインストール-2
 - 演習3-1
 - 演習3-2

5. シンプルなドメインのコンフィグレーション
 - シンプルなドメインのコンフィグレーション-1
 - シンプルなドメインのコンフィグレーション-2
 - シンプルなドメインのコンフィグレーション-3
 - 演習4-1
 - 演習4-2

【Day 2】

6. テンプレートを使用したドメインのコンフィグレーション
 - テンプレートを使用したドメインのコンフィグレーション
 - 演習5-1

7. Administration ConsoleおよびWLSTの使用
 - Administration Consoleの使用
 - ドメインのコンフィグレーション
 - WLSTの使用
 - 演習6-1
 - 演習6-2
 - 演習6-3

8. 管理対象サーバのコンフィグレーション
 - 管理対象サーバのコンフィグレーション-1
 - 管理対象サーバのコンフィグレーション-2
 - 演習7-1
 - 演習7-2

9. ノードマネージャのコンフィグレーション
 - マシンの作成
 - ノードマネージャのアーキテクチャ
 - ノードマネージャのコンフィグレーション
 - 演習8-1
 - 演習8-2
 - 演習8-3

【Day 3】

10. Oracle WLS環境でのログの表示および管理
 - Oracle WebLogic Serverのログ
 - ログフィルタ
 - 演習9-1
 - 演習9-2

11. デプロイメントの概念
 - デプロイメントの概念
 - コンソール デプロイメント
 - コマンドライン デプロイメント、自動デプロイメント
 - プロキシ サーバ

12. Java EEアプリケーションのデプロイ
 - Webアプリケーション、Webサービス アプリケーション
 - EJBアプリケーション、エンタープライズ アプリケーション
 - 演習11-1
 - 演習11-2
 - 演習11-3
 - 演習11-4

13. 高度なデプロイ
 - デプロイメント プラン、ステージング デプロイメント
 - プロダクション再デプロイメント
 - 演習12-1
 - 演習12-2

【Day 4】

14. JDBCの理解とデータソースのコンフィグレーション
 - JDBCの概要
 - データソースの作成
 - データソースのモニタ
 - 演習13-1
 - 演習13-2
 - 演習13-3
 - 演習13-4

15. Java Message Service(JMS)リソースの設定
 - JMSの概要
 - JMSリソースの設定
 - 恒久サブスクライバと恒久サブスクリプション
 - JMSのモニタ
 - 演習14-1

16. クラスタ化の概要
 - クラスタ化の概要-1
 - クラスタ化の概要-2
 - クラスタ化の概要-3

17. クラスタのコンフィグレーション
 - 環境の準備
 - クラスタのコンフィグレーション
 - 演習16-1

【Day 5】

18. クラスタの管理
 - クラスタへのアプリケーションのデプロイ
 - HTTPセッションのフェイルオーバ
 - EJBクラスタ化のコンフィグレーション
 - 演習17-1
 - 演習17-2

19. セキュリティの概念とコンフィグレーション
 - Oracle WebLogic Securityサービスの概要
 - ユーザとグループ
 - ロールとポリシー、組込みLDAPサーバ
 - 演習18-1
 - 演習18-2

20. 攻撃からの保護
 - SSL
 - 攻撃からの保護
 - 演習19-1

21. バックアップ操作および回復操作
 - バックアップ操作
 - 回復操作
 - 演習20-1
 - 演習20-2
 - 演習20-3

ご注意・ご連絡事項

・この教材は、VoD(日本語)のコンテンツです。教室での集合研修(Classroom Training)ではありませんのでご注意ください。
・この研修コースのテキストは、電子ファイル教材「eKit」で提供されます。
・有効期間: 購入後 90日間有効です。最初の有効化後ではなく、ご注文の確定後から開始されます。
・ラボの利用: 6日間(月曜~土曜)利用可能です。(購入後に予約が必要です)
・インターネットに接続しているコンピュータであれば、どのコンピュータからでもアクセスできます。ただし、同時に複数のコンピュータから同一のアカウントを使用して同じコースにログインすることはできません。
・オラクル認定コースにお申し込みいただいた方・申込責任者の方の個人情報は、第三者である日本オラクル株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。