Javaシステム構築演習(コンソール版)

コース基本情報

コースタイトル Javaシステム構築演習(コンソール版)
コースコード JAC0088G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 6日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 240,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

受講者はシステム開発のメンバ、講師はシステムを発注する顧客という立場で研修を運営します。
受講者は、システム開発に必要な情報を顧客役の講師にインタビューして引き出し、そのうえで必要な機能を提案したりするなど、要件定義を行い、その後、分析・設計・Javaによる実装・テストと、システム開発の工程にもとづいて、総合的に実践を通じて学習します。
講師は手取り足取り教えるのではなく、できる限り受講者主体で進めます。受講者は「不明点の調べ方」「適切な質問の仕方」等、仕事の進め方の基本も実践できます。

対象者情報

対象者
Javaを用いたシステム開発を行う方
前提条件
□「Javaデータベースプログラミング(Java SE 7)」(JAC0083G)を受講、あるいは同等の知識がある
□「ビジネスアプリケーションのためのオブジェクト指向分析/設計~UML2.0対応~」(PR0084CG)を受講、あるいは同等の知識がある
□「はじめてのテスト技法」(PR0081CG)を受講、あるいは同等の知識がある

学習内容の詳細

コース概要
Javaやデータベース、分析・設計などの知識を実践する総合演習として、「社員情報管理システム」をコンソールアプリケーションとして開発します。
数名で1つのグループを構成し、ヒアリング・要件定義から分析・設計・実装・テストを行うことで、システム開発を行うための一連の流れを実践演習形式で経験できます。
学習目標
● 要件定義工程の成果物を作成する
● 分析工程の成果物を作成する
● 設計工程の成果物を作成する
● ソフトウェアテストの基礎的なプロセスを説明する
● 仕様をもとにブラックボックステストを設計する
● ソースコードをもとにホワイトボックステストを設計する
● グループ内で与えられた役割を遂行する
● 進捗の予定・実績管理を行う
● 利用者に対してインタビューを行い、問題点や要望を正しく把握する
● 適切な責務をわりあてたクラス分析、設計を行う
● 設計仕様通りのプログラムを開発し、テストして納品する
● 開発したアプリケーションの特徴をプレゼンテーションする
学習内容
1. システム構築演習(社員情報管理システム)
  - 課題内容把握
  - 作業計画策定、チーム内の役割分担決定
  - 現状および要求仕様の把握
  - 開発スケジュールの作成
  - 要求仕様書の作成
  - システム設計書の作成
  - プログラミング
  - テスト
  - 発表会での成果発表

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Java SE 7以降
Eclipse 4.3以降
MySQL5.6以降
※ ソフトウェアのバージョンは変更になることがあります。
実習/演習/ デモ内容
研修は、システム開発の一連の流れを経験する実践演習形式で進行します。

ご注意・ご連絡事項

・ソフトウェアのバージョンは変更される可能性があります。
・ファイルのお持ち帰りについて
環境構築に使用したファイルや演習ファイルをお持ち帰りいただくことができます。
ご希望の方は、ご受講の際にUSBフラッシュメモリやポータブルHDなどをお持ちください。
・研修は実践演習形式で進行します。前提条件を満たしているがご不明な場合、お問合せください。