速習 HTML5 ~HTML5 で変わる Web アプリケーション開発~

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル 速習 HTML5 ~HTML5 で変わる Web アプリケーション開発~
コースコード WSC0021G  
コース種別 集合研修 形式 講義+デモ
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 40,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年11月10日(金) ~ 2017年11月10日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年3月2日(金) ~ 2018年3月2日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

HTML5 で出来ることの全体像を知りたい方に最適です

対象者情報

対象者
・既に HTML を使って Web ページを編集している方
前提条件
□ HTML 4.01、XHTML、CSS2.x 、 JavaScript などを使ってページが編集できる
あるいは以下のコースを受講済みと同程度知識があること
□ 「 WSC0022G(基礎から学べるHTML5 ~CSS とJavaScript を使用したWebページの作成~)」

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは HTML5 ベースのアプリケーションを作成するための基礎を学習します。Web 開発者の方を対象に HTML5 で新しく定義される仕様・機能の概要と、従来の HTML からの変更点、CSS3 や JavaScript と組み合わせたクロス プラットフォーム アプリケーション開発の基盤となる API 群について学習します。周辺技術を含む広義の HTML5 の位置づけや意味を、サンプルコードを通して試していただけます。
学習目標
● HTML5 の標準策定状況と Web ブラウザのサポートを知る
● HTML5 で実現できることの全体像を把握する
● HTML5 ベースのアプリケーションを作成するための基礎を修得する
● クロス プラットフォームを意識したマークアップの基礎を修得する
学習内容
1. HTML5 概要
 - HTML5 標準策定状況
 - 従来の HTML  からの変更点
 - Web アプリケーション プラットフォームとしての HTML5
 - CSS3 と JavaScript 
 - その他の拡張機能

2. セマンティック要素のマークアップ
 - セマンティック要素による文書アウトラインの定義
 - 明確な意味を表現するための要素
 - CSS3 と HTML5
 - CSS3 のセレクタ
 - CSS3 のプロパティ

3. アプリケーション プラットフォーム
 - 強化された HTML フォーム要素
 - canvas 要素とグラフィックス API
 - ローカル ファイルとAPI
 - オフライン Web アプリケーションの実現
 - クライアント サイド ストレージとAPI

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows 8.1
Chrome
Safari
Firefox
Internet Explorer

受講者の声

『質問したことに対してきちんと仕様を調べた上で回答していただけたので、 安心して回答を聞くことができてよかったです。 講師の人によってはたぶん大丈夫だと思います。といったような回答ばかりする人がいて信頼できな場合がままありますが、今回はそのようなことがなくとてもよかったです。』
『Webアプリケーション技術のトレンドを学習できとても有意義な一日でした。講師の方も優秀な方でHTML5に関する理解が深まりました。』
『わかりやすく丁寧に教えて頂いたので、初心者でも理解できました。また、その他の研修も参加したいと思いました。』