ホーム > 【PDU対象】遠距離から管理する

【PDU対象】遠距離から管理する

  • Select6
    Select6
  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】遠距離から管理する
コースコード AMC0021V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:00~17:00 価格(税抜) 130,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年9月13日(水) ~ 2017年9月14日(木)

新宿LC

  空席あり

2017年10月11日(水) ~ 2017年10月12日(木)

新宿LC

  空席あり

2017年12月13日(水) ~ 2017年12月14日(木)

新宿LC

  空席あり

2018年3月7日(水) ~ 2018年3月8日(木)

東京会場(未定)

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

リモートチームをリードする上で重要な7つのC。チームリーダーは、距離を超えてどのようにこの7つのCに取り組めるかが大きな課題です。

対象者情報

対象者
・グローバルチームや距離の離れたチームを管理するプロジェクトリーダーやマネージャー、リーダーの方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
市場のグローバル化とITの発達によって、異なる地域や文化、言語を持ちながら一つのチームメンバーとして協働してプロジェクトを推進するリモートチームは、今や珍しいものはありません。
しかし、一見距離が離れているだけに見えるこうしたチームの運営と管理は簡単なことではありません。距離が離れ、対面せず、さらに文化や言語違いが加わることによって、チームマネジメントにはどのような弊害が生じるのでしょうか?
このセミナーでは、リモートチームにはどのような課題があるかを明確にし、チームのリーダーが信頼を構築して効果的なコミュニケーション、パフォーマンスマネジメント、コーチングを通してリモートチームとしてのシナジーを生み出すためのチームの運営・管理方法を習得します。
学習目標
● リモートチームリーダーとして直面する課題とリーダーに求められる役割を理解する
● 距離や依存度によって異なるリモートチームのニーズを理解する
● リモートチームに効果的なツールやテクニック、テクノロジーを活用する方法を知る
● 距離が離れていても効果的なパフォーマンス管理方法を知る
● リモートチームとして効果的な信頼を得る方法、繋がりを維持する方法を知る
● リモートチームのミーティングファシリテーション方法と影響力の及ぼし方を学ぶ
学習内容
(1日目)
1. リモートメンバーと働く
距離が離れたメンバー(リモートメンバー)とそうでないメンバーと働く場合の違い、
利点、問題点について考えます。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション

2. リモートチームをマネージする
リモートチームを管理するマネジャーの意識や役割を確認します。
また、自身の抱えるメンバーへの依存度を分析します。
リモートチームメンバーに必要なコンピテンシーが何かを確認し、
自チームのメンバーそれぞれの強み・改善点を明確にします。
さらに高業績を生むリモートチームの特性を知り、
自チームで特に必要だと思われる点が何かを考えます。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業

3. 信頼関係を築く
リモートチームだからこそ重要となる信頼関係について考えます。
マネジャーである自分自身とチームメンバーとの信頼関係、
さらにはメンバー同士の信頼関係の現状を分析した上で、信頼を高めるには
マネジャーとして具体的に何をすればよいのかを議論を通して明確化します。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業

4. リモートメンバーとのコミュニケーション
リモートメンバーとの信頼を築き、業務を効率的に進める上で
重要であるコミュニケーションについて学びます。
リモートメンバーとコミュニケーションする上で意識すべき点、
コミュニケーション手段、状況に応じて取るべきコミュニケーション方法を
議論を通して確認します。 
さらに、文化や世代、ジェンダー、さらに環境の異なるメンバー同士の
コミュニケーションで起こり得る理解や認識の違いをゲームを通して認識し、
さらに距離が加わった際に生じるコンフリクトを事前に防ぐ方法や
対応方法を学びます。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業

(2日目)
5. リモートチームの業績を管理する
リモートチームメンバーの業績管理をする上で特に工夫すべき点を
確認します。
マネジャーとして、チームメンバーの業績管理をする上での課題を
ケーススタディをもとに認識し、解決策を考えます。
またチームメンバーそれぞれの業績、意欲、能力に応じた開発計画を
立てるために、メンバーをマッピングして現状を把握します。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習、個人作業

6. バーチャルコーチング
リモートメンバーに期待する成果を実現してもらうため、
あるいは能力を向上してもらうための支援策として、バーチャルコーチングの
方法とコツを学びます。
特にバーチャル環境だからこそ生じる課題や留意点に焦点を置きます。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習

7. バーチャルミーティング
バーチャル環境で行うミーティングを実施する上で気を付けるべき点、
効果的なプロセスを確認します。
バーチャル環境を想定した会議をケーススタディをもとに実施し、
直面した事象や想定されるコンフリクトの体験を通して、実務での活用法を学びます。
【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習、個人作業

8. まとめとアクションプラン

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションやゲームを通して、多くの気づきを得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、グローバルナレッジマネジメントセンター株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。

受講者の声

『今後の海外への転勤も視野にいれて、自分の中で頭の整理ができたことが非常に良かったです。このセミナーで学んだことを実践で活用したい。』
『勉強になることが多く、ハッとさせられる場面も多々ありました。これを踏まえて日々業務で実践していきたいです。』