ホーム > 【PDU対象】成果に繋がる協働力

【PDU対象】成果に繋がる協働力

  • Select6
    Select6
  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】成果に繋がる協働力
コースコード AMC0029V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:00~17:00 価格(税抜) 120,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年7月6日(木) ~ 2017年7月7日(金)

東京(都市センターホテル)

  空席あり

実施確定
※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

2017年7月より、後継コース 「協働的リーダーシップ」へ変更します。
後継コースの詳細はこちらからご確認頂けます。



コラボレーションにはプロセスがあります。 本セミナーは、これらのプロセスをもとに、成果を生み出すコラボレーションの方法を学びます。


<コラボレーションのプロセス>

- Mindset マインドセット

- Specific Collaborative Event 協力すべきイベント

- Superordinate Goal 高次元の目標

- Identification 協力者の特定

- Role/Responsibility 役割/責任

- Communication コミュニケーション

- Network ネットワーク

- Measure of Results 結果の測定

- Future Thoughts 未来への活用

対象者情報

対象者
・プロジェクトチームなど、コラボレーションが求められるチームのメンバー
・他部署との連携を求められる部門の責任者
・チームを任されているリーダー
前提条件
特になし

学習内容の詳細

コース概要
ビジネス環境の変化により、多様な人々と協働して成果をつくる必要性が高まっています。また昨今は、プロジェクトチーム単位での業務が増え、専門性の高いメンバー同士、個人の特性を活かした上でシナジー効果を生み出し、「チームとしての成果」を作ることが求められています。
ところが国籍や文化、年齢や世代さらには性別の異なる人々と成果を作ることは、簡単なことではありません。コラボレーションの重要性を頭ではわかっていても、実際の現場ではコンフリクトが生じることが多く、″1+1=2 ″になることすら、難しいのが現状ではないでしょうか?

本セミナーでは、 ″ 1+1=3 ″にも ″ 4 ″にもなる様にするために、どうコラボレーションすれば良いかを体験を通して学びます。様々なシュミレーション演習を通して気付きを促し、学んだ内容を実務に適応する方法を習得します。
学習目標
● コラボレーション環境において、衝突を減らし、問題解決ができるようにする
● クリエイティビティ&イノベーションを活性化させる方法を理解する
● お客様や同僚と高い信用関係を築けるようになる
● より強力なネットワークを築けるようになる
● アイディアへの協力を得るためのステップを学ぶ
● コラボレーションのテクニックを理解し、活用できるようになる
学習内容
(1日目)
1. 多様な人々とのコラボレーション
ビジネス環境の変化による、多様な人々とのコラボレーションの重要性を再認識し、コラボレーションの定義、コラボレーションが必要な時、必要でない時などを議論や演習を通して理解します。

2. コラボレーションチームのメンバーになる
メンバー全員にとって意義のある目標の設定とその共有方法、メンバー同士の信頼の構築法について、アセスメントやゲーム、ビデオ演習を通して学びます。

(2日目)
3. 協力的な環境を作る 
ゲームを通してチームメンバーの役割と専門性を認識することの大切さを学ぶだけでなく、チームの目標を達成するためにメンバー同士がコラボレーションすることの重要性を認識します。協力を依頼する際の5つのSTEPを演習を通して理解し、さらにメンバーのモチベーションを高める方法、チームメンバー以外のネットワークを構築し、広げる方法を学びます。

4. 協力的コミュニケーション
文化、年代、ジェンダーなどの異なる人々と効果的に協力関係を築くために必要なコミュニケーションスキルを学びます。さらに、コンフリクトが起きた場合の対処法も ケーススタディを通して具体的に学びます。

5. 結果の評価
チームで作った結果を適正に評価し、改善すべき点を後の業務に適用するための行動計画をつくります。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
DVD映像を見る
実習/演習/ デモ内容
・本コースは講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションを通して、多くの気づきも得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、グローバルナレッジマネジメントセンター株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。

受講者の声

『普段わかっていてもできないこと、すっかり忘れてしまっていたことを思い出したり、気づいたりするよい機会になりました。』
『グループワークを行うことで、考えているだけでは見つけられない気づきがあったりしたので良かったです。』
『外部セミナーで行うワークには意味を見いだせないものも多かったりするのですが、今回のセミナーのワークはすべて、ワークを通して伝えたいことが明確で得るものが大きかったです。』