ホーム > Advanced Architecting on AWS (バウチャなし)

Advanced Architecting on AWS (バウチャなし)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Advanced Architecting on AWS (バウチャなし)
コースコード AWC0025V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 234,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

導入事例や技術トレンドなど、AWSの最新情報を知るならこちら!
AWS summit 2017


本コースはAPNファンド対象コースです。ご利用の方は、申込フォームの「備考欄」へクーポン番号を記載してください。未記入・誤記載の場合割引は適用されませんのご注意ください。

■本コースは特別開催コースとなり、通常開催とは異なる規約が適用されます。
その他演習用のラボアカウントをお客様ご自身で取得していただきます。手順は開催日2週前を目安に依頼致します。
特別開催用の規約はこちらのファイルでご確認ください。

★電子テキスト化のお知らせ - 2017/4/1以降開催分より - ★

本コースでは、2017年4月以降の開催日程で、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelf が必要です。

ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelf アカウント登録作業をお済ませください。
すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。

ご協力のほどよろしくお願いします。


■AWS社主催の日程 AWC0009R もございます。

対象者情報

対象者
・AWS サービスをすでに熟知している経験豊富な IT プロフェッショナル
前提条件
□Architecting on AWS コース受講(AWC0003V/AWC0006V/AWC0010V)【強く推奨】
□AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの取得

学習内容の詳細

コース概要
「Architecting on AWS」コースの応用編である「Advanced Architecting on AWS」コースは、すでに AWS プラットフォーム上でスケーラブルで伸縮自在なアプリケーションを設計する経験をお持ちの方を対象としています。

「Architecting on AWS」コースでご紹介した内容を踏まえて、AWS 上でデータサービス、ガバナンス、セキュリティを組み込んだ複雑なソリューションを作成する方法について取り上げます。

AWS Direct Connect、AWS Storage Gateway など、ハイブリッドアーキテクチャのサポートに特化した AWS サービスを紹介します。また、AWS 上でスケーラブルで伸縮自在な、セキュリティと可用性に優れたアプリケーションを作成するための設計のベストプラクティスについても取り上げます。
学習目標
●組織内の複数の AWS アカウントを管理する
●オンプレミスのデータセンターを AWS クラウドに接続する
●マルチリージョンの VPC の接続に関係する請求について話し合う
●オンプレミスのデータセンターから AWS に大容量のデータを移行する
●AWS クラウド用の大規模なデータストアを設計する
●大規模なウェブサイトをスケーリングするためのさまざまなアーキテクチャ設計を理解する
●DDoS 攻撃からインフラストラクチャを守る
●暗号化によって AWS 上のデータのセキュリティを確保する
●保管時のデータと移行中のデータの保護を設計する
●性能測定時の注意事項を踏まえた性能検証ができる
学習内容
1. AWS アカウント戦略

2. 高度なネットワークアーキテクチャ

3. AWS 用の大規模なデータストアの設計

4. ウェブスケールのアプリケーション

5. 耐障害性の構築

6. 包括的なクラウドのセキュリティ

7. AWS 上の暗号化とキー管理

8. AWS でのデータセキュリティー

9. パフォーマンスを考慮した設計