ホーム > [Virtual]CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[バウチャー付]

[Virtual]CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[バウチャー付]

  • 27 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル [Virtual]CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[バウチャー付]
コースコード CSV0049V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習(Virtual Classroom)
期間 5日間 時間 9:30~18:00 価格(税抜) 268,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年1月15日(月) ~ 2018年1月19日(金)

Virtual

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

【標準アフターサービス】 講義録画の視聴:○(6か月) ・ リモートラボ延長:× 

 本コースは「CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[試験なし](CSC0361V)」のVirtual Classroom版です。オリジナルコースと同じ内容をVirtual Classroomで提供します。
 
※新宿LC・大阪LC・名古屋LC以外の会場では、試験バウチャーを配布します。最終日の試験サービスはありません。
 
※ 新宿LCや大阪LC教室で行う「CCNA BOOT CAMP前編 ~ICND1v3.0 CCENT対応~[試験あり](CSC0360V)」コースと同時開催になることがあります。(内容は同一です)
 
※ コース関連付加情報にある「[重要]リモートラボへの接続要件・事前接続テスト手順書」をご覧いただき、お申込み前に要件を満たしているか必ず接続テストを行ってください。

対象者情報

対象者
・CCENT、CCNAおよびCCNP資格取得を予定の方
・Ciscoルータ、スイッチを使用して小規模~中規模のネットワークの提案、構築、サポートを行うネットワークエンジニア
・Cisco製品のリセラー・チャネルパートナー、へルプデスク担当
前提条件
□Windowsの操作ができる
□2進数、10進数、16進数の変換ができる

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、ICND1 (Interconnecting Cisco Network Devices Part1) ver3.0に対応したコースです。
Cisco Certified Entry Networking Technician (CCENT) 認定資格または、Cisco Certified Network Associate (CCNA)認定資格の取得を目指す方に最適で、ICND2コースの前提として位置づけています。
小中規模ブランチ オフィスの企業ネットワークにおけるインストール、運用、トラブルシューティングに必要な技術について学びます。コース内容には、ネットワークの基礎、Ciscoルータとスイッチの関する知識、インターネット接続の確立、ACLの管理、デバイス管理とセキュリティ、VLANとトランクの実装、RIPv2、IPv6に関する内容が含まれます。
学習目標
● ネットワーク基礎の説明と簡単なLANの構築ができる
● インターネット接続の確立について、説明できる
● ルーティングを有効化した小中規模ネットワークを展開できる
● Ciscoデバイスの設定、管理、保護、監視を行うことができる
● IPv6の基本の説明ができる
学習内容
1. 簡単なネットワークの構築
 - ネットワーキングの機能について
 - ホスト間通信モデルについて
 - LANの概要
 - Cisco IOSソフトウェアの運用
 - スイッチの起動
 - イーサネットとスイッチの動作について
 - スイッチメディアのよくある問題のトラブルシューティング

2. インターネット接続の確立
  - TCP/IPのインターネット層について
 - IPアドレッシングとサブネットについて
 - TCP/IPトランスポート層について
 - ルーティング機能について
 - Ciscoルータの設定
 - パケット配信プロセスについて
 - スタティックルーティングの有効化
 - ACLの基礎
 - インターネット接続の有効化

3. チャレンジの概要
 - インターネット接続の確立
 - インターネット接続のトラブルシューティング

4. 中規模ネットワークの構築
 - VLANとトランクの実装
 - VLAN間のルーティング
 - CiscoネットワークデバイスのDHCPサーバとしての使用
 - RIPv2の実装

5. ネットワークデバイスの管理とセキュリティ
 - 管理アクセスのセキュリティ保護
 - デバイスの強化の実装
 - システムメッセージロギングの設定
 - Ciscoデバイスの管理
 - ライセンス

6. チャレンジの概要
 - 中規模ネットワークの構築
 - 中規模ネットワークのトラブルシューティング

7. IPv6の概要
 - 基本的なIPv6の概要
 - IPv6について
 - IPv6スタティックルートの設定

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
シスコ社のリモラボを使用

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 100-105J ICND1

ご注意・ご連絡事項

・コース関連付加情報にある「[重要]CCNAリモートラボへの接続要件」をご覧いただき、手順に従って要件を満たしているかテストを事前に行ってください。
・Virtual ClassroomでのCCNA BOOT CAMPでは最終日の試験サービスの提供はありません。5日間で講義・演習を行います。
・最終日の講習時間は 9:30~15:00 です。
・「バウチャー付」と「試験なし」のコースは同じVirtual Classroomで受講していただきます。
・事前にコースフローをご確認いただき、お申込みコースの[バウチャー付]/[試験なし]や、[バウチャー付]コースの場合は受験する試験番号に間違いがないか、ご確認ください。
・学習内容は予告なく変更される可能性があります。
・研修開始後に、[バウチャー付]/[試験なし]の変更や、[バウチャー付]コースの場合、対象となる試験の変更はできませんので、あらかじめご了承ください。
・全日程出席された方にのみ、シスコ社仕様の受講証明書を発行いたします。
・受講証明書はCisco社より直接発行され当社からは発行されません。
なお、受講証明書の発行には所定の手続が必要となり、具体的な手続方法は講習会内にて説明します。