ホーム > Linuxサーバー構築 DNS&メール編

Linuxサーバー構築 DNS&メール編

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Linuxサーバー構築 DNS&メール編
コースコード LUC0132G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 100,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年3月29日(水) ~ 2017年3月30日(木)

新宿LC

  お問い合わせください

2017年8月21日(月) ~ 2017年8月22日(火)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・LinuxでDNSサーバーの管理を行う方
・Linuxでメールサーバーの管理を行う方
前提条件
□ Linuxシステムの管理経験がある方
あるいは
□ 「Linuxネットワーク管理」(LUC0130G)受講済みと同程度

学習内容の詳細

コース概要
本コースではLinuxシステムをDNSサーバー、またはメールサーバーとしてインターネット環境で利用する方法を修得します。 実習では、各自にサーバー・クライアントの構成を行っていただけますので、設定の手順からしっかりと学習することができます。 本コースを受講することで、LinuxによるDNSサーバーおよびメールサーバの構築および運用管理を行うための知識を修得できます。
学習目標
● DNSによる名前解決のメカニズムを理解することができる
● 適切にDNSサーバーを構築し、維持・管理を行うことができる
● SMTPサーバーとPOP/IMAPサーバーの役割を理解することができる
● 適切にSMTPサーバーとPOP/IMAPサーバーを構築し、維持・管理を行うことができる
学習内容
1. DNSサーバの構築
  - DNS概要
  - DNSドメイン
  - 名前解決の仕組み -正引き-
  - 名前解決の仕組み -逆引き-
  - DNSの構成要素
  - BIND
  - named-checkconf
  - サービスの起動
  - クライアント設定
  - サーバの管理運用
  - サーバのセキュリティ設定

2. メールサーバの構築
  - メールシステム概要
  - Postfix
  - POP/IMAP

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
CentOS7
実習/演習/ デモ内容
【実習】
Lab1. DNSサーバの構築
- DNSマスターサーバの作成
- DNSクライアントの設定
- DNSスレーブサーバの作成
- ゾーンファイルの更新

Lab2. メールサーバの構築
- SMTPサーバの構築
- クライアントの設定
- 受信確認
- 他ドメインとの送受信確認
- dovecotを用いたPOP/IMAPサーバの構築
- エイリアスの設定