ホーム > Visual Studio によるアプリケーション ライフ サイクル管理 ~70-498対応~

Visual Studio によるアプリケーション ライフ サイクル管理 ~70-498対応~

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル Visual Studio によるアプリケーション ライフ サイクル管理 ~70-498対応~
コースコード MSC0462G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年12月21日(木) ~ 2017年12月22日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年3月22日(木) ~ 2018年3月23日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

Visual Studio および Team Foundation Server を使用したアプリケーション ライフサイクル管理の概要を、演習を通して学習したい方にお奨めです。

対象者情報

対象者
・プロジェクト管理者、プログラマ
前提条件
□Visual Studio の基本機能およびウィンドウ名称などの知識があり操作ができる
□以下のコースを受講済みか、同等の知識がある
・Visual Studio Team Foundation Server
の管理 ~ 70-496 対応 ~
・Visual Studio を使用したソフトウェアのテスト ~ 70-497 対応 ~

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、MCP 試験「70-498 : Visual Studio 2012 のアプリケーション ライフ サイクル管理で継続的な価値を提供」の主要な試験トピックを演習を通して体系的に理解し、実際のアプリケーション開発で Visual Studio および Team Foundation Server を活用したアプリケーション ライフサイクル管理を実践するための基礎を習得します。
学習目標
● ALM プロセスの役割と主要なプロセスの特徴について列挙する
● Team Foundation Server を活用してスクラムを実践する
● Team Foundation Server によりソフトウェア品質を管理する
● Team Foundation Server により DevOps を実践する
学習内容
1. Application Lifecycle Management 概要
  - ALM プロセスの役割
  - スクラム/アジャイル プロセス概要
  - CMMI プロセスと Microsoft Solutions Framework(MSF)

2. Team Foundation Server によるプロジェクト管理
  - 要件分析とプロジェクトのスコープ定義
  - チームの定義と構成
  - プロダクト バックログの定義と管理
  - イテレーションの計画と管理
  - 作業項目の追跡
  - 進捗状況の追跡

3. ソフトウェア品質の管理
  - ソフトウェア品質指標の定義
  - ソフトウェアテストによる品質の検証
  - テスト環境、ステージング環境の実装
  - チェックイン ポリシーとゲート チェックイン ビルド

4. Team Foundation Server による DevOps の実現
  - 自動展開プロセスの実装
  - 開発者と運用者間のフィードバック管理
  - 運用の問題のトラブルシューティング

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Visual Studio Premium
Visual Studio Team Foundation Server

関連試験や資格との関連

MCSD試験との関係 70-498 Visual Studio 2012 のアプリケーション ライフ サイクル管理で継続的な価値を提供

ご注意・ご連絡事項

・内容は予告なく変更になる可能性がございます。あらかじめご承知おきください。
・最新情報は本Webページにてご確認ください。