ホーム > Windows Server 2012システム管理基礎(後編) ~Windows Server 2012 R2対応~

Windows Server 2012システム管理基礎(後編) ~Windows Server 2012 R2対応~

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Windows Server 2012システム管理基礎(後編) ~Windows Server 2012 R2対応~
コースコード MSC0475V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~16:30 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年10月5日(木) ~ 2017年10月6日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2017年11月9日(木) ~ 2017年11月10日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年11月16日(木) ~ 2017年11月17日(金)

大阪LC

  空席あり

2017年12月7日(木) ~ 2017年12月8日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年12月14日(木) ~ 2017年12月15日(金)

名古屋LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・Windows Server 2012の初級から中級管理者
前提条件
□コンピュータとネットワークに関する基礎知識がある
□「Windows Server 2012 システム管理基礎(前編)」(MSC0474V) 受講済みと同程度の知識をお持ちの方

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは「Windows Server 2012システム管理基礎(前編)」コースで扱う知識を前提に、Windows Server 2012の管理を効率的かつ確実に行うために必要な作業について紹介します。
例えば、Active Directoryドメイン環境のクライアントを効率良く管理するためのグループポリシー、多数の共有フォルダを持つサーバーの管理を支援するツール、複数のファイルサーバーを統合する分散ファイルシステム(DFS)について学習します。
現場で生かせる知識を修得できるように、演習はシナリオ仕立てになっています。
そのため、より具体的なイメージを描きながら個々の機能を学習できます。
学習目標
● Active Directoryのアカウントを適切に管理する
● Active Directoryの管理権限を適切に委任する
● グループポリシーを使用しクライアントを管理する
● ファイルサーバーを適切に監視、管理する
● デバイスを適切にインストール構成する
● Windows Server 2012 R2システムの監視を行う
学習内容
1. Active Directory管理
  - OU(組織単位)
  - 委任
  - アカウント管理
  - 検索

2. グループポリシー
  - グループポリシーとは
  - グループポリシーの管理
  - ユーザー環境の管理
  - セキュリティの設定

3. ファイルサーバー管理
  - ファイルサーバーの管理ツール
  - ディスククォータ
  - ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)
  - 分散ファイルシステム(DFS)
  - DFSの構成

4. Windows Server 2012の運用と監視
  - 監視とトラブルシューティング概要
  - デバイスマネージャー
  - イベントビューアー
  - リソースモニター
  - パフォーマンスの監視

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は変更される可能性があります。

受講者の声

『実用例なども教えていただきとても参考になりました。バージョンによる違いなど補足も役に立ちます。どうもありがとうございました。』