ホーム > 速習MCSA: Office 365 MCP 70-346/70-347対応 ~Office 365 の ID とサービスの管理 (#23346)~

速習MCSA: Office 365 MCP 70-346/70-347対応 ~Office 365 の ID とサービスの管理 (#23346)~

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル 速習MCSA: Office 365 MCP 70-346/70-347対応 ~Office 365 の ID とサービスの管理 (#23346)~
コースコード MSC0519V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 3日間 時間 9:30~18:00 価格(税抜) 180,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年6月28日(水) ~ 2017年6月30日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2017年7月26日(水) ~ 2017年7月28日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年8月23日(水) ~ 2017年8月25日(金)

新宿LC

  残りわずか

2017年9月20日(水) ~ 2017年9月22日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年10月25日(水) ~ 2017年10月27日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年12月20日(水) ~ 2017年12月22日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・Office 365 サービスの ID、依存関係、要件、サポートするテクノロジーなどを評価、計画、導入、運用する立場にある IT プロフェッショナルとコンサルタント
・ユーザー情報やドキュメントの保護、オンプレミス配信サービス、サービスレベルアグリーメントへの準拠など、Office 365 の保守・管理を行うネットワーク管理者や IT マネージャー
前提条件
□Windows Server の利用経験がある(Windows Server 2003以降)
□Windows Server MCP資格保持者(推奨)
□Active Directoryドメインサービスの基本知識
□クラウドサービスの基本知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Office 365 テナントセットアップに必要なActive Directory フェデレーション サービスを使用した既存のユーザー ID との連携や、ユーザー管理方法を学習します。
また、Exchange Online、Lync Online、SharePoint Onlineを使用するための設定方法を習得できます。
学習目標
●Office 365 をプロビジョニングできる
●Office 365 のネットワークとセキュリティの設定を計画・実装できる
●クラウドの ID を管理できる
●DirSync を使って ID を実装・管理できる
●シングルサインオン (SSO) を行うためのフェデレーション ID を実装・管理できる
●Office 365 の可用性と使用状況を監視およびトラブルシューティングできる
●クライアントとエンドユーザーのデバイスを管理できる
●SharePoint Online のサイトコレクションをプロビジョニングできる
●Exchange Online と Lync Online をエンドユーザー用に設定できる
●Exchange Online と Lync Online に関する計画を立てることができる
学習内容
1. Office 365を使用するための準備

2. ユーザー、グループ、ライセンスの管理

3. Office 365のプロビジョニング

4. クライアント計画と管理

5. DNSとExchangeの移行計画

6. Exchange Online と DNS レコード 構成の計画

7. Exchange Online の管理

8. SharePoint Online の設定

9. Lync Online の設定

10. ディレクトリ同期の設定

11. Active Directory フェデレーションサービスの導入

12. Office 365 の監視

受講者の声

『とても丁寧な解説があり、概要の理解が図れた。 有難うございました。』