ホーム > セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~

セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル セキュリティ技術概要 ~情報セキュリティ導入のための必須知識~
コースコード OI316  
コース種別 集合研修 形式 講義
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 100,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★春の Buy One Get One 50%OFF 実施中★
対象コースから2コースお申し込みいただくと、1コースが半額に!
▼詳しくはこちら▼
春の Buy One Get One 50%OFF


★改訂コースのご案内★
最新のセキュリティ情報にアップデートした後継コースを2016年12月より開始いたします。
日程や内容をご確認の上、後継コースのご受講をご検討ください。

▼詳しくはこちら▼
SCC0160G 情報セキュリティ対策 技術概要編 ~セキュリティを支える基礎技術~

セキュリティ実装に必要な、技術や管理・運用の概要について幅広く学習します。

対象者情報

対象者
・すべてのIT技術者および管理者の方
・セキュリティサービスや製品の販売を担当される営業職の方
前提条件
□コンピュータの基本機能やサーバの基本機能について理解している
□LANやWANなどの基本的な仕組みを説明できる
□TCP/IPプロトコルスタックの概念を理解している
□「コンピュータ入門」(OE301)および「コンピュータネットワーク技術」(NWC0110G)および「TCP/IPプロトコル詳解」(NWC0141G)を受講、もしくは同等レベルの知識を有する

学習内容の詳細

コース概要
ビジネス活動の多くがネットワークを通じて行われている現在では、データの安全なやり取りが非常に重要になっており、セキュリティ対策は必要不可欠です。
そこで、このコースではセキュリティ実装に必要な技術と、技術を活かすための管理・運用概念を体系的に学習します。なお本コースは講義のみとなり、演習はございません。
学習目標
● セキュリティ確保の3要素を意識したセキュリティ対策を実施できる
● セキュリティ対策を計画・実施するための手順の概要を説明できる
● セキュリティ対策に使用する基本技術(暗号、認証、VPN等)の仕組みを説明できる
● ファイアウォール技術を列挙し、利点と欠点を説明できる
● 適切なファイアウォールとネットワークサービスの配置を計画できる
● 通信目的に適したセキュリティプロトコルを選択できる
● コンピュータのセキュリティ管理・運用手法を列挙できる
学習内容
1.情報セキュリティ概要
  - 情報セキュリティ実現の3大要素
  - セキュリティ上の脅威
  - 情報収集
  - 不正アクセス
  - DoS/DDoS攻撃・ボットネット
  - メールに関する攻撃
  - 攻撃経路
  - 効果的なセキュリティ対策
  - 情報セキュリティ関連の標準規格
  - 情報セキュリティ関連の主な団体

2. セキュリティ対策の策定
  - セキュリティ対策の実施手順
  - セキュリティポリシー
  - セキュリティマネジメント体制の確立
  - 基本ポリシーの策定
  - リスク分析
  - スタンダードの策定
  - プロシージャの作成
  - セキュリティポリシー策定時の考慮事項

3. 情報セキュリティの基礎技術
  - 暗号化
  - 認証
  - アクセス制御
  - VPN
  - トンネリング
  - 弱点分析手法
  - フォレンジック

4. ネットワークベースのセキュリティ対策
  - ネットワークベースのセキュリティ手法
  - ファイアウォール
  - パケットフィルタ
  - ステートフルインスペクション
 - プロキシサーバ
  - コンテンツフィルタ
  - ファイアウォールシステムの構成
  - ファイアウォールシステム構築上の留意点
 - DMZ構成とサーバの配置
 - IDS/IPS
 - UTM
 - NAC
 

5. 通信ベースのセキュリティ技術
  - 通信ベースのセキュリティ手法
  - セキュア通信による保護範囲
 - 暗号化によるセキュア通信
 - SSL/TLSを使用したセキュアソケット通信
 - S/MIMEを使用したセキュアメール通信
 - SSH概要
 - VPNによる拠点間通信
  - インターネットVPN(IPsec)
  - リモートアクセスVPN(トンネリング技術)
  - リモートアクセスVPN(SSL-VPN)
  - 通信サービス網を使用したVPN
  - セキュアな無線LAN通信
 

6. コンピュータのセキュリティ管理
  - ホストベースのセキュリティ手法
  - サーバベースのセキュリティ手法
  - セキュリティパッチの導入
  - アカウント管理
  - アクセス権の設定
  - 監査とロギング
  - ウィルス対策
  - クライアントPCのセキュリティ対策

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
コンピュータは使用しません
実習/演習/ デモ内容
このコースは講義のみです。演習はございません。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは座学のみで、演習はありません。
・セキュリティをはじめて学ぶ方を対象に入門コースとして、「基礎からはじめるセキュリティ ~事例、キーワード、実習から学ぶセキュリティ技術の基本~(SCC0054G)(2日間)」も実施しております。

受講者の声

『テキストに記載されていない内容もたくさん補足していただいたので、大変有意義な研修でした。』
『時間を超えても熱心に教えてくださって有難かったです。』
『私は自社のISMS担当をしておりますが、技術的なところが足りない部分もあり、この2日間で要点を説明いただき効率よく知識の習得ができたと思います。ノートをとる間も考慮いただき、とてもありがたかったです。』