ホーム > 【PDU対象】PMBOK(R)Guide第5版改定内容速習

【PDU対象】PMBOK(R)Guide第5版改定内容速習

  • Select6
    Select6
  • PMP®事前学習時間 7時間
    PMP®受験前提として参入可能時間
  • 7 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】PMBOK(R)Guide第5版改定内容速習
コースコード PMC0095G  
コース種別 集合研修 形式 講義
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 50,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

1日で、PMBOK®Guideの第4版と第5版の変更点を学べます。

対象者情報

対象者
・PMBOK® Guide第4版の知識をお持ちの方で、第5版の内容を学習されたい方
・PMP®資格をお持ちで、PMBOK® Guide第5版の学習とともに、PDUを取得されたい方
前提条件
□「PMBOK® Guide第4版概要」を受講済み、または同等の知識をお持ちの方

学習内容の詳細

コース概要
2012年12月27日、PMI®(Project Management Institute)は、「プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(A Guide to the Project Management Body of Knowledge)」(PMBOK® Guide)第5版(英語版)を発行しました。(日本語版は2014年2月に発行されています。)
第5版では、知識エリアとしてステークホルダー・マネジメントが追加されました。第4版でもステークホルダー・マネジメントの重要性は指摘されていましたが、その取り組みを一層強化し、プロジェクトの成功に向けて、ステークホルダーの関与を引き出すことを中心に内容の充実が行われています。
このコースでは、PMBOK® Guide第4版から第5版における改定内容に絞って、その重要な特徴を1日で解説します。
学習目標
● PMBOK® Guide第4版と第5版の違いを説明できる
● PMBOK® Guide第5版のステークホルダー・マネジメントの考え方を活用して、ステークホルダー・マネジメントを実施できる
学習内容
1. 改定内容の概要
  - PMBOK® Guide第5版とは
  - 重要な変更点

2. 各プロセスの変更内容詳細
  - 立上げプロセス群
  - 計画プロセス群
  - 実行プロセス群
  - 監視・コントロールプロセス群
  - 終結プロセス群

3. PMBOK® Guideとは何かを考える
  - PMBOK® Guideは...ではない
   プロジェクトを成功させるために

ご注意・ご連絡事項

・内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご承知おきください。
・最新情報は本Webページにてご確認ください。
・PMP(R)継続認定プログラムの要件として、7PDUを申請取得できます。
・PMP(R)受験前提のための受講時間として、7時間算入できます。
・リラックスして受講できるよう、軽装(カジュアルウェア)でお越しください。
・PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。