ホーム > 厚生労働省 専門実践教育訓練の指定講座のご案内

厚生労働省 専門実践教育訓練の指定講座のご案内

グローバルナレッジの『Microsoft Windows Server MCSE取得対策コース』が厚生労働省の専門実践教育訓練の指定講座になりました

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。(厚生労働省のHPより)

教育訓練給付金には「一般教育訓練給」と「専門実践教育訓練」があり、グローバルナレッジの『Microsoft Windows Server MCSE取得対策コース』 が、専門実践教育訓練の給付金対象講座となりました。

↑ページの先頭へ戻る

専門実践教育訓練給付制度とは

専門実践教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす対象者が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練給付講座を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費のうち、最大40%(年間最大32万円)がハローワークから支給される仕組みです。

↑ページの先頭へ戻る

制度を利用できる方(対象者)

教育訓練給付制度を利用できるのは、企業負担での研修受講ではなく、個人が自ら受講費用を負担した場合です。また、雇用保険の加入に関する下記の条件があります。

初回受給の場合

講座の受講開始日までに、通算2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方

2回目以降の場合

  • 平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算2年以上の雇用保険の被保険者を有している方
  • 平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)

↑ページの先頭へ戻る

事前準備と受講から給付金申請までの流れ

受講前の手続き:ハローワーク

  • 1. 受講者本人が、自宅住所から最寄りのハローワークにて、受講開始(予定)日時点での給付金受給資格の有無を確認します。
  • 2. 受給資格があることが確認できましたら、訓練対応キャリア・コンサルタントによる「訓練前キャリア・コンサルティング」を受け、ジョブ・カードの交付を受けます。
  • 3. 受講開始日の1か月前までに、申請に必要な書類をハローワークへ提出します。

受講申込から研修受講:グローバルナレッジ

  • 4. 研修受講のお申込みは、本Webからお問合せください。
  • 5. 研修受講時は、毎日出欠確認をします。一定の出席率以上の出席で、グローバルナレッジから「受講証明書」を発行します。

お申込み時に発行する「領収証」と、研修受講後に発行する「受講証明書」は、支給申請時まで失くさずにお持ちください。

受講後の支給申請:ハローワーク

  • 6. 受講開始6ヵ月後、および受講修了日の翌日から起算して1ヵ月以内に、受講者本人が自宅住所から最寄りのハローワークにて、支給申請書類一式を提出します。

↑ページの先頭へ戻る

グローバルナレッジの「専門実践教育訓練」指定講座

『Microsoft Windows Server MCSE取得対策コース』は、下記5コースのセットです。
下記の順序で受講します。

受講順 コース
コード
コース名 開催日程 受講金額
1 MSC0411V 2017年1月16日(月) ~ 2017年1月20日(金) 1,296,000円
(消費税込)
2 MSC0412V 2017年1月23日(月) ~ 2017年1月27日(金)
3 MSC0413V 2017年2月27日(月) ~ 2017年3月3日(金)
4 MSC0445V 2017年3月6日(月) ~ 2017年3月10日(金)
5 MSC0446V 2017年3月13日(月) ~ 2017年3月17日(金)

↑ページの先頭へ戻る

ご質問、お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせ

教育訓練給付制度を利用するためのお申込み方法など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ