ホーム > 新入社員研修2017

新入社員研修2017

新入社員研修

新入社員研修の特徴

ビジネス研修とIT研修を組み合わせた貴社に最適なカリキュラムを提供

理論、訓練、振り返り、実践

現場力を養成

研修効果を高めるために、次の一連の流れで進めます。

  1. 「理論」=知識を学ぶ
  2. 「訓練」=繰り返し行動する
  3. 「振り返り」=次の行動に活かす
  4. 「実践」=自ら考え適切に対処する

内定期、入社時、OJTまで一貫した研修

内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修、OJT担当者向け研修まで、若手社員の成長を継続的に支援し続けます。

内定、入社、OJTまで一貫した研修

↑ページの先頭へ戻る

課題、人数によって選べる3つのタイプ

次の3つのタイプからお選びください。組み合わせも可能です。

さまざまなご要望に応えます 少数精鋭採用なら 受講者のレベルに合わせて
一社向け新入社員研修
【NEW TRAIN®】
計画から準備・実施・評価フィードバック・OJTにいたるすべてのフェーズにおいて、お客様を強力にサポートします
合同新入社員研修
【MIX TRAIN】
複数社の新入社員が切磋琢磨する、ITエンジニア育成のための標準カリキュラム&サービスのパッケージです。
選べる研修
【定期開催コース】
ビジネス・スキルやIT研修など、受講される方のレベルや配属先で必要とされるスキルに合わせて選ぶことができます。

↑ページの先頭へ戻る

お客様の声

新入社員研修をご利用いただいたお客様からの声を集めてみました。

非常に良かった。『グローバルナレッジの研修は非常によく、わが社に入社するとグローバルナレッジの研修を受講できる』と社長が学生への説明会でも宣伝しているほどです。

新入社員

ビジネススキルとテクニカルスキル両方の研修をお任せできる点を高く評価しています。

単発の研修を組み合わせて実施するのではなく、全体の研修としてとらえることが重要と改めて認識した。

新入社員のスキルに合わせて研修の進捗をコントロールしてくれた。

↑ページの先頭へ戻る

研修の企画から評価・報告まで対応

企画から設計・実施・報告のすべてのフェーズで人事部・研修ご担当者様を支援

人事・研修のご担当者様にとって、新入社員研修は負荷の高い業務です。そこで、グローバルナレッジは、研修の企画から評価・報告までをサポートします。

企画から設計・実施・報告のすべてのフェーズで人事部・研修ご担当者様を支援

↑ページの先頭へ戻る

キャリア形成促進助成金を活用して研修費用を大幅削減

「キャリア形成促進助成金」の活用で、研修費用を大幅削減できる可能性

厚生労働省の「キャリア形成促進助成金」を活用することで、研修費用の実質負担額を大幅に削減できる可能性があります。
グローバルナレッジでは助成金に精通した社会保険労務士の支援の下、お客様の申請書類作成のサポートを致します。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

※助成金の受給は条件を満たし、申請が認定された場合に限ります。
※弊社サポートは必ず助成金を受給できることを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

↑ページの先頭へ戻る

新入社員研修運営チェックリスト

新入社員研修ご担当者さまの不安を解消!

新入社員研修は通常の研修と比べてボリュームも多く、ご担当の方にとって大きな負担です。

年に一度ということもあり、「前回通り」と言っても状況や関係者が変わっていたり、細かいところまで覚えていられない...ということも多いのではないでしょうか。

そこでお役立ていただきたいのが、グローバルナレッジオリジナル「新入社員研修運営チェックリスト」です。


新入社員研修運営チェックリストとは?

新入社員研修の運営のための確認事項を1冊にまとめました。

  1. チェックリスト:目標設定から運営まで、スムーズに進めるための確認事項
  2. メモ欄:決定事項や検討項目を整理
運営チェックリスト目次
新入社員研修運営チェックリストプレゼント

↑ページの先頭へ戻る

困ったら、無料相談会へ

どの研修を受けさせたら良いか、わからない時は、無料相談会をご活用ください

無料相談会では、人材育成や新入社員研修の経験豊富なスタッフが、新入社員育成に関するご相談を無料でお受けします。
お気軽にご活用ください。

▼新入社員・若手社員育成無料相談会はこちらから▼ 新入社員・若手社員育成無料相談会

↑ページの先頭へ戻る

ご質問、お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせ

新入社員研修のお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ