ホーム > Javaシステムプログラミング ~ストリーム,コレクション,マルチスレッドなど~

Javaシステムプログラミング ~ストリーム,コレクション,マルチスレッドなど~

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル Javaシステムプログラミング ~ストリーム,コレクション,マルチスレッドなど~
コースコード JAC0082G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 78,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年8月7日(月) ~ 2017年8月8日(火)

大阪LC

  空席あり

実施確定

2017年9月19日(火) ~ 2017年9月20日(水)

新宿LC

  空席あり

2017年10月19日(木) ~ 2017年10月20日(金)

新宿LC

  空席あり

2017年10月30日(月) ~ 2017年10月31日(火)

大阪LC

  空席あり

2017年12月4日(月) ~ 2017年12月5日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年2月13日(火) ~ 2018年2月14日(水)

新宿LC

  空席あり

2018年3月1日(木) ~ 2018年3月2日(金)

大阪LC

  空席あり

2018年3月19日(月) ~ 2018年3月20日(火)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・ファイル入出力のプログラミングを修得したい方
・コレクションを用いて複数オブジェクトの操作を修得したい方
・マルチスレッドに対応したアプリケーションの作成を修得したい方
前提条件
□「Javaによるオブジェクト指向プログラミング」を受講しているか、同等の知識を持つ

学習内容の詳細

コース概要
ストリーム(ファイル入出力)、コレクション、マルチスレッドといったJavaの開発において使用頻度の高いAPIの使い方を学習します。また、これらを使用する上での前提となる機能を紹介します。
※新入社員研修では、マルチスレッドは扱いません。
学習目標
● ファイル入出力を行うことができる
● コレクションを用いてオブジェクトの集合を効率よく操作することができる
● マルチスレッドに対応したアプリケーションを作成することができる
学習内容
1. いろいろな機能 
 - Generics
  - Autoboxing/Auto-unboxing
  - Enhanced for文
  - Typesafe Enums
  - 可変長引数
  - 書式付出力
  - Annotation
 
2. ストリーム 
 - ストリーム概要
  - ファイル入出力の基本
  - ファイル入出力のバッファリング
  - 例外処理
  - 標準入出力
  - NIO.2を用いたファイル操作
  
3. コレクション 
 - コレクション概要
  - コレクションインタフェース
  - 汎用実装クラス
  - ArrayListクラス
  - リストの操作
  - HashMapクラス
  
4. マルチスレッド 
  - マルチスレッド概要
  - 低レベルAPIによるマルチスレッドプログラミング

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Java SE 7以降
Eclipse 4.3以降
※ ソフトウェアのバージョンは変更になることがあります。
実習/演習/ デモ内容
講義中に操作方法を含めて、簡単なプログラムを作りながら学習内容を確認していきます。
演習問題で復習と応用力をつけていきます。

ご注意・ご連絡事項

・ソフトウェアのバージョンは変更される可能性があります。
・ファイルのお持ち帰りについて
環境構築に使用したファイルや演習ファイルをお持ち帰りいただくことができます。
ご希望の方は、ご受講の際にUSBフラッシュメモリやポータブルHDなどをお持ちください。
・「Javaシステムプログラミング~Java SE 5 API,マルチスレッド,コレクション,ストリームなど~(PR0072CG)」の改訂版コースです。

受講者の声

『マルチスレッド、ストリームについて自分の理解が曖昧だったが、講師の方の説明で充分に理解できた。また、質問に対しても親身に答えていただけたのでより理解の向上につながった。』