ホーム > 【PDU対象】【現場体験型】複数プロジェクトマネジメント

【PDU対象】【現場体験型】複数プロジェクトマネジメント

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
  • Select6
    Select6
  • PMP®事前学習時間 7時間
    PMP®受験前提として参入可能時間
  • 7 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】【現場体験型】複数プロジェクトマネジメント
コースコード PMC0123G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 50,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年5月26日(金) ~ 2017年5月26日(金)

新宿LC

  残りわずか

2017年6月7日(水) ~ 2017年6月7日(水)

大阪LC

  空席あり

2017年6月21日(水) ~ 2017年6月21日(水)

新宿LC

  空席あり

2017年8月14日(月) ~ 2017年8月14日(月)

新宿LC

  空席あり

2017年8月30日(水) ~ 2017年8月30日(水)

大阪LC

  キャンセル待ち

2017年9月26日(火) ~ 2017年9月26日(火)

新宿LC

  空席あり

2017年10月26日(木) ~ 2017年10月26日(木)

新宿LC

  空席あり

2017年11月7日(火) ~ 2017年11月7日(火)

大阪LC

  空席あり

2017年11月28日(火) ~ 2017年11月28日(火)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★春の Buy One Get One 50%OFF 実施中★
対象コースから2コースお申し込みいただくと、1コースが半額に!
▼詳しくはこちら▼
春の Buy One Get One 50%OFF


次のようなプロジェクト・マネジャーの方々が、プロジェクトを成功に導くためにどうすればいいか考えます。
・小さなプロジェクトを複数かかえている
・プレイイング・マネジャーである
・計画をしっかり作っている時間がない
・複数のプロジェクトで問題が多発し、対処しきれない

対象者情報

対象者
イベント開催、社内プロジェクト、インフラ構築、パッケージ適用など、様々な小さなプロジェクトを複数マネジメントするマネジャーまたはその候補の方
前提条件
特になし

学習内容の詳細

コース概要
複数のプロジェクトを同時にマネジメントし、成功に導くために、何をしたらいいかを学びます。短期間、少人数であるためPMBOK(R)Guideなどの標準的プロジェクトマネジメントのすべてを実施することはできませんが、しかし、マネジメントなしでは当然失敗に帰結します。
優先順位をどうつければいいかを学び、プロジェクト成功のキー・ポイントを見出す方法を考えていきます。
学習目標
●小さなプロジェクトを複数マネジメントする際の計画の立て方のキー・ポイントを把握します
●プロジェクト実行中に発生する諸問題を、複数の小さなプロジェクトを抱える中で、いかに解決するかの筋道を見出します
学習内容
1. プロジェクトマネジメントの重要ポイント
  - 小さくてもプロジェクトはプロジェクト
  - プロジェクト・マネジャーはプロジェクトを成功させる責任者です
  - スコープ、スケジュール、コスト、品質、コミュニケーション、リスク

2. 小さな複数のプロジェクトをマネジメントするとはどういうことか

3. 複数プロジェクトの失敗要因
  - プロジェクト・マネジャーが実作業に時間を取られ、マネジメントできていない
  - 複数のプロジェクト間でメンバーの競合が起きる
  - リスク・マネジメントができていないので、すべての問題は起きてから対処
  - ひとつのプロジェクトで起きた問題に対処していると、他のプロジェクトの
    マネジメントがおろそかになる

4. 計画を立てる
  - 計画している時間がないのではなく、計画しないから時間がない
  - 複数のプロジェクトの相互関係を踏まえて計画する
  - 複数のプロジェクトを掛け持ちするメンバーをどう配置するか

5. 問題に対処する
  - どんな問題が起きるか
  - 他のプロジェクトへのインパクトを小さくしつつ問題を解決する

6. 時間創出
  - 時間削減できる仕事を見つける
  - コミュニケーションの効率を向上する
  - 育てて、権限移譲
  - 自分を成長させる

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は変更される可能性があります。
・PMP®受験前提のための受講時間として、7時間算入できます。
・PMI®継続認定プログラムの要件として7PDUを申請取得できます。